||| 吹田サッカーフェスタ 2003.1-26 Sunday 吹田陸上競技場 |||

 
     選手が参加するイベントは午後から行われて、午前中は子供達だけによるイベントが行われました。
     参加選手は、並んでた順番からいくと・・・
 
      橋本選手・森岡選手・松波選手・大黒選手・吉原選手・松下選手・二川選手
                               内林選手・遠藤選手・児玉選手・日野選手・羽畑選手
 
 
     では、簡単ですが流れと感想を・・・
 
       開会式

       選手紹介

       吹田市長挨拶

       大阪市長挨拶

       選手のチーム分け
 
       ここで全選手のチーム分け報告といいたいのですが、自分が参加してた辺りに選手しか覚えて
       なくて・・・「J」児玉選手、「K」松下選手、「L」二川選手・・・それにしても覚えてなさすぎ!

 
       
○×クイズ
 
       各選手についてのクイズで進んでいったのですが、結構人が減ってきたところで羽畑選手が
       即興クイズを作らなくいけなくなって考えて辿りついたクイズが・・・「僕は今、高校である」・・・
       当然に普通に考えたら「×」ですよね。
       でも、答えは「○」なんです・・・羽畑選手は、まだ高校3年生なんです。
       司会者も騙されて、残ってた参加者は全員ハズレで結局もういちどやりなおしになってました。

       新聞でボール運びゲーム
 
       ここから本格的にゲームがスタートしたのですが、上手く運べず某選手チームをはじめとして
       手で持って運びはじめてました。
       最初は全選手ちゃんと運んでたのにねぇ・・・1位:児玉選手、2位:松下選手でした。

       バケツでポン!
 
       説明に入る前に題名・・・わからず勝手につけたのであしからず。
       このゲームは、選手が決められた場所にバケツを持って立って、ボールを前にいる選手に投げ
       ヘディングや足でバケツに向けて戻すというのもです。
       各選手優しく「高め?低め?」とかコミュニケーションとって、入ったら「よし!」とか声に出して
       喜んでて、隣の選手同士競ってて楽しそうでした。

       バランス崩し

       12チームあるのを、とりあえず2つにわけて各6チームで総当たり戦を行います。
       ひとりひとり向かい合って両手を前に出して、相手の様子を伺いながらぶつかり合い相手の
       バランスを崩したほうが勝ち・・・なんですが、うちの参加してたチームの先頭のちびっこは
       かなり弱かったですよ(笑) 連敗しまくってましたからねぇ・・・競技に参加してから結果を
       ききにいったら、選手からひとこと「また負けた」ですからね。
       本人ではなく見ていた選手からの答えに笑けました。
       松下選手と児玉選手のチームが勝負していたとき、なかなか決まらず最終的にじゃんけんに
       なったんですね・・・で、次に松下選手と羽畑選手のチームが勝負するときに、また決まらず
       松下選手が「じゃんけん」て、言った瞬間→羽畑選手に「じゃんけんなん?」て・・・でも、
       松下選手負けずに隣にいた児玉選手に「決まらんかったら、じゃんけんやんな?」て・・・
       もちろん児玉選手は、「じゃんけん」→結果は、言いだした松下チームのコが負けてました(笑)
 
       そして選手同士の対決が、2チームで分けたときの各順位同士
       途中で順番はまだなんですが、興味津々で覗きこむ遠藤選手の姿がありました。
       最終的に勝ったのは児玉選手で、内林選手と抱き合ってました。


      そんな感じで行われた吹田フェスタも閉会式なしで、選手はサイン会のため準備に向かいました。
      会場では抽選会をオークションが始まり結構時間がかかってたので、抽選会は途中で中断して
      サイン会に移ることになりました。
      残っていた抽選の結果は入り口の壁に張り出すことに・・・ちょっと司会進行が悪かったかな?

      選手のみなさん・参加されてた方々・見学されてた方々・スタッフの方々
      長時間にも関わらず寒い中おつかれさまでした。